その他EDのパターンについて

EDを発症させるパターンには様々なものがあり、なかには意外な物事から発症させてしまうパターンも存在します。
EDは他人事ではなく、男性ならどなたでも発症する可能性がある症状です。

「自分は勃起もするし、性行為もできるから大丈夫」と軽視してしまうと、いざ発症した際にどう対応したらいいのか分からなくなってしまいます。
EDに対応するためにはその発症の要因となった物事を知ることが大切です。
こちらではその情報を公開しているので、ぜひチェックしてみてください。

自転車EDについて

近年注目されているのが、この「自転車ED」という症状です。
自転車は自動車と同じように私たちの生活に馴染みのある乗り物です。
近年ではロードバイクが趣味という方も多く、会社への出勤や学校の登校時に自転車を使用している方も多いと思います。
しかし、近年ではその自転車がEDの原因になるのではと考えられています。
原因としては、自転車のシートによるものであり、長時間乗り続けているとシートの締め付けによってペニス付近の血液の流れが悪くなってしまいます。
特にロードバイクは前かがみになるため、締め付ける力が強くなり自転車EDを発症しやすいと言われています。
最近では自転車ED防止のシートも開発されているので、事前に発症を防止することができます。自転車に乗ることが多い方は注意してください。

AV見過ぎED

男性にとってマスターベーション(オナニー)は性欲を手軽に解消できる行為です。
その性的興奮を高める材料に使われるのがAVです。
素敵な容姿をした女性が視聴者の性的興奮を高めるため、刺激的な言葉を話したり、様々な行動をとります。
なかには通常の性行為では味わうことができない演出を行う内容もあります。
過度な演出のAVはとても性的興奮を高める材料にはなりますが、それに慣れてしまうと通常の性行為に物足りなさを感じることが多くなることがあり、中折れを経験したり、EDになる場合があります。
発症を防ぐためには過度な演出のAVを見過ぎないことが大切です。
またマスターベーションをする際にAVを見るのではなく、通常の性行為を意識しながら行為に及ぶというのも効果的です。